CGを作るときにおすすめのソフト

CGを作るときにおすすめなのは、無料でプロ顔負けの作品作りに挑戦できる、フリーのBlenderです。
Blenderは今も進化を続けているフリーソフトで、20年以上もの間時代と共に新しい技術を採り入れています。
一般的に、フリーソフトは機能が限定されていたり、使い勝手が良くないというイメージがあります。
その点、Blenderは機能的に満点ですし、独特の使い勝手さえ慣れてしまえば本格的な作品作りに使えます。
モデリングとテクスチャ作りにライティングまで、CGに欠かせない全ての機能が網羅されています。
モデルに関節を組み込んでポーズをつけたり、時間軸に合わせてアニメーションさせることも可能です。
シーンに合わせた音声の配置や、動画素材を取り込んだアニメーション作りにも対応しています。
とても無料とは思えない完成度ですし、フリーソフトという柔軟性の高さなので、近年はCG業界のプロも使い始める人が続々と登場しました。
リアルタイムにリアルなシーン映像をチェックできますし、レンダリングの効率も高められているので、単なる機能性に留まらない実用性を兼ね備えます。
学術分野においても有用性が認められているので、今後ますますBlenderは様々な分野で知名度が高まっていくでしょう。
動画素材を採り入れることのできる機能は、表現力を余すことなく発揮する切っ掛けになります。
例えば、CG作品中に実写の動画素材を用いたり、逆に動画素材にCGを合成するといったことができます。
アイディアを形にできる機能が満載ですから、思い掛けない独自の表現方法が見つかるかもしれないです。
何か作ってみたいのに切っ掛けが得られない、そういう人にもBlenderはおすすめです。
また2D分野の人に対しても、Blenderはフリーソフトの枠に留まらない魅力があります。
勿論、制作した作品は新たな動画素材として出力できますし、静止画で作品を仕上げることもできます。